等級により変わる慰謝料

交通事故の被害者が後遺障害と認定された場合は、加害者に慰謝料や損害賠償請求ができます。入院や通院をした場合は入院費や交通費、治療の間仕事を休まざるを得ない場合は、その間にもらえたはずの給料も請求できます。

当然のように後遺障害認定が重いほど、慰謝料は高額になります。ただし加害者が加入している保険のプランによっても変わりますし、加害者が任意保険に加入していない場合、自賠責保険では支払われる金額も少ないため、裁判になる事も少なくありません。後遺障害の等級は1級が最も重く、後遺障害が重いほど慰謝料の額も上がります。

1級や2級では8桁を超える高額な慰謝料が請求されるため、加害者は金額の多さとともに、事故の責任の重さも痛感する事になります。当然ですが、被害者は一生に渡り後遺障害と付き合う事になるので、高額な慰謝料でも少ないくらいです。

慰謝料については等級によりある程度相場は決まっていますが、自己のケース、保険会社のプラン、弁護士の手腕によっては、もっと高額になる事もありますし、相場以下になってしまう事もあります。お金で全て解決できるわけではありませんが、被害者は一生後遺障害と向き合わなければいけません。