等級により変わる慰謝料

交通事故の被害者が後遺障害と認定された場合は、加害者に慰謝料や損害賠償請求ができます。入院や通院をした場合は入院費や交通費、治療の間仕事を休まざるを得ない場合は、その間にもらえたはずの給料も請求できます。

当然のように後遺障害認定が重いほど、慰謝料は高額になります。ただし加害者が加入している保険のプランによっても変わりますし、加害者が任意保険に加入していない場合、自賠責保険では支払われる金額も少ないため、裁判になる事も少なくありません。後遺障害の等級は1級が最も重く、後遺障害が重いほど慰謝料の額も上がります。

1級や2級では8桁を超える高額な慰謝料が請求されるため、加害者は金額の多さとともに、事故の責任の重さも痛感する事になります。当然ですが、被害者は一生に渡り後遺障害と付き合う事になるので、高額な慰謝料でも少ないくらいです。

慰謝料については等級によりある程度相場は決まっていますが、自己のケース、保険会社のプラン、弁護士の手腕によっては、もっと高額になる事もありますし、相場以下になってしまう事もあります。お金で全て解決できるわけではありませんが、被害者は一生後遺障害と向き合わなければいけません。

後遺障害の等級

交通事故の被害者が負った後遺障害には、等級があります。等級認定を受けるにも条件がありますが、等級は症状により異なり、1級から14級まであります。1級が最も重く数字が増えるほど症状が軽くなります。最も後遺障害が軽い14級には1号から11号まであり軽いといっても、日常生活に支障が出るケースは少なくありません。

後遺障害の中で最も重い1級は、神経や精神に大きなダメージを受け、介護が必要となる状態です。他にも外見に異常が見られなくても臓器に大きな損傷を受け、障害が残り介護が必要な場合も1級に認定されます。2級も内容は同じですが、介護レベルが異なります。後遺障害の1級と2級には、第1後遺障害と、第2後遺障害がありこれによっても症状が異なります。

3級は失明や視力低下、神経や精神のダメージが大きく介護まではいかないが、仕事復帰ができない場合、両手の手指を失った場合が該当します。数字が増えるほど症状は軽くなると言いましたが、軽いと言っても後遺障害である以上は、生活に支障が出るケースもあるため軽視できません。ただし等級が違うと、請求できる慰謝料の額は変わってきます。また任意保険から支払われる保険料の金額も変わってきます。

後遺障害認定の条件

交通事故は予期できない部分が多く、交通事故の被害者は大抵の場合全く予期していない無防備な状態で事故に巻き込まれるので、ダメージが大きくなりがちです。交通事故では後遺障害が残る事も多く、被害者は後遺障害に長い間苦しむ事も少なくありません。

交通事故後遺障害というのは、交通事故が原因で事故から6ヶ月経過してもまだ回復せず、症状が固定された場合に、後遺障害と認定されます。また後遺障害には等級があり、被害者の症状により等級が変わります。後遺障害の認定を取得するためには、医師の診断と自賠責期間の認定が必要です。ちなみに後遺症よりも重いのが、後遺障害です。

交通事故の被害に遭い、病院で治療を続けたが、6ヶ月間治療を続けても回復の見込みがない場合、後遺症または後遺障害と認定され、等級が決まります。今後回復する見込みがなく、一生何らかの症状が残るわけですから、事故の加害者に対し慰謝料を請求できます。後遺障害の等級により、請求できる慰謝料の額は変わってきます。

ただし後遺症や後遺障害が残っていて、それが交通事故によるものというのが明らかであっても、それを認定されない限り、慰謝料も損害賠償も請求できません。後遺障害の等級によっては、日常生活に支障をきたすケースもあり、長期入院や仕事復帰ができないという事もあります。この場合は慰謝料以外に、入院費や働けない事で収入が途絶える事の補償なども請求できます。後遺障害認定には、医師の診断が欠かせません。